岡田将生:プライベートで「口が悪くなった」 ひねくれ者&上から目線のエリート弁護士役が浸透

4月13日スタートの連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」オンライン制作発表に出席した岡田将生さん=カンテレ提供
1 / 9
4月13日スタートの連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」オンライン制作発表に出席した岡田将生さん=カンテレ提供

 俳優の岡田将生さんが4月7日、女優の松たか子さん主演の連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)のオンライン制作発表に出席した。主人公・大豆田とわ子(松さん)の3番目の元夫で、理屈っぽく、ひねくれ者で、上から目線で話すエリート弁護士・中村慎森(なかむら・しんしん)を演じる岡田さんは、役を演じての感想を聞かれ「最初はどうかなと思っていたのですが、どんどん(役が)自分の中に浸透していって。プライベートで会話しているときも口が悪くなってきた」と明かした。

 慎森については「今回、(視聴者から)嫌われる役だと思う。でも(演じていて)しっくりきていて。慎森は合理的主義者ですが人間として可愛らしい部分もあるので、皆さんに楽しんで見ていただけたら」と語った。会見には、松さん、松田龍平さん、「東京03」の角田晃広さんも参加した。

 ドラマは連続ドラマ「カルテット」「最高の離婚」「Mother」や、映画「花束みたいな恋をした」などの坂元裕二さんが脚本を担当するオリジナル作品。3回結婚して3回離婚した“バツ3”子持ち社長のとわ子が、3人の元夫に振り回されながら、日々奮闘する姿を描くロマンチックコメディー。松田さんはとわ子の1番目の元夫で、レストランオーナー兼ギャルソン・田中八作、角田さんは2番目の元夫でカメラマンの佐藤鹿太郎を演じている。

 4月13日から毎週火曜午後9時に放送。初回は15分拡大版。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る