来週のおちょやん:第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」 千代ら、道頓堀に日本一の劇団を! 40年ぶり須賀廼家兄弟復活も?

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第19週の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第19週の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、4月12日から第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」に入る。

 終戦から3年、千代(杉咲さん)と家庭劇の面々は、地方を回りながら公演を続けていた。そんなとき、鶴亀株式会社の大山社長(中村鴈治郎さん)から「道頓堀に戻ってこい」という連絡がくる。そのころ、道頓堀は再び芝居の街として復興し始めていて、鶴蔵は千代たちに、新しい劇団を作り、日本一の劇団にするように伝える。一平(成田凌さん)は、鶴蔵がどうして、万太郎一座ではなく、自分たちに声をかけたのか不審に思う。しかし、一平は、満州へ行った寛治(前田旺志郎さん)が戻ってきたときに、生きていく場所を道頓堀に作りたいと考え、大山社長の申し出を受けることにする。

 一方、須賀廼家万太郎(板尾創路さん)は、病で声を失っていた。そのことを知ったかつての相棒、千之助(星田英利さん)は、万太郎の最後の公演に助っ人として参加。万太郎は声が出せないため、身ぶり手ぶりで表現するしかない。しかし、千之助は万太郎の伝えたい意図をくみ取り、的確にアドリブで返していく。その丁々発止の掛け合いに観客は大喜び。40年ぶりの須賀廼家兄弟の復活だった。万太郎はこの公演を終え、満面の笑みを浮かべたまま、この世を去る……。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画