イチケイのカラス:第2話 “料理研究家”前田敦子の幼児虐待事件 “刑事裁判官”竹野内豊らが真相へ

4月12日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 9
4月12日放送の連続ドラマ「イチケイのカラス」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)第2話が4月12日に15分拡大版で放送される。女優の前田敦子さんがゲスト出演し、人気料理研究家の深瀬瑤子を演じる。

 ある日、東京地裁第3支部第1刑事部(通称イチケイ)の堅物裁判官の坂間千鶴(黒木華さん)は、最高裁判所判事で司法研修所時代の上席教官でもある日高亜紀(草刈民代さん)に呼び出され、パーティーに出席する。

 そこで坂間は、最高裁の事務総長・香田健一郎を紹介される。香田は、坂間が東京地裁第3支部の立て直しを任されていると知っていて、人事局で入間みちお(竹野内さん)の存在が問題視されつつあると、坂間に告げる。日高は坂間に、みちおの問題行動に対して処分が必要だと判断した場合、人事局に報告するようにと指示する。

 そんな中、イチケイの部長・駒沢義男(小日向文世さん)は、みちおたちに、合議制で扱いたい案件があると告げる。それは、第1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田さん)の幼児虐待事件だった。瑤子は、当時1歳半の長女が泣きやまないことにいらだち、激しく揺さぶるなどしてけがを負わせ、傷害罪で2年6カ月の有罪判決を受けていた。しかし、瑤子は判決を不服として控訴。それを受けて高裁は、審理内容を精査し、地裁に差し戻していた。

 この案件は、香田の息子・隆久が第1審の裁判長を務めた“取り扱い要注意”だった……。

 原作は浅見理都さんの同名マンガ(講談社)。自由奔放な刑事裁判官のみちおと、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍を描く“爽快リーガルエンターテインメント”。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る