平手友梨奈:運動神経の良さは岡田准一仕込み? 「ドラゴン桜」で階段落ち 阿部寛ら絶賛

連続ドラマ「ドラゴン桜」の会見に出席した平手友梨奈さん (C)TBS
1 / 13
連続ドラマ「ドラゴン桜」の会見に出席した平手友梨奈さん (C)TBS

 女優で歌手の平手友梨奈さんが、このほど行われた連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)の製作発表会見に、主演の阿部寛さんらと登場した。阿部さんは、トップレベルのバドミントン選手を演じる平手さんの運動神経について、「キレがいいんだよね」と絶賛。撮影現場で、阿部さんが“キレ”の良さの理由を平手さんに尋ねると、平手さんは「岡田准一のところでトレーニングをしている」と明かしたという。

 また阿部さんは、「この間(平手さんが)階段を落ちるシーンがあったんですよ。見事な落ち方をしていて、(福澤克雄)監督も『うわ、すごいな!』って言っていて。そこから監督の彼女に対する目も変わったくらいで」と平手さんのポテンシャルの高さを振り返った。

 会見にはそのほか、長澤まさみさん、及川光博さん、人気グループ「King & Prince」の高橋海人さん、南沙良さん、加藤清史郎さん、鈴鹿央士さん、志田彩良さん、細田佳央太さんらも出席した。

 「ドラゴン桜」は、三田紀房さんの同名マンガが原作。2005年に放送された前作では、元暴走族で弁護士の桜木建二(阿部さん)が「倒産寸前、低偏差値」の私立龍山高校に赴任し、超進学校に再生させるため、生徒と奮闘する姿を描いた。今回の続編は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の「ドラゴン桜2」を原作に、オリジナルストーリーを展開する。

 ドラマは4月25日スタート。初回は25分拡大版で放送される。

写真を見る全 13 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る