明日のおちょやん:4月20日 第97回 一平、灯子との間に… 千代は冷静さを失い、修羅場!

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第97回の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第97回の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第20週「何でうちやあれへんの?」を放送。4月20日の第97回では……。

 千代(杉咲さん)が劇団を辞めないように説得するも、聞く耳を持たない灯子(小西はるさん)。夜、寛治(前田旺志郎さん)が顔にあざを作って、家に帰ってくる。灯子が劇団を辞めるのは、一平(成田凌さん)と何かがあり、居づらくなったからだと言い張る劇団員とのけんかが原因だった。千代は、そんなことはあるはずがないと信じなかったが、一平の様子が何やらおかしい。しまいには寛治が聞いたことは事実だと認める始末。千代は冷静さを失い、修羅場と化す……。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る