ドラゴン桜:“東大専科”の生徒を紹介! 第3弾は南沙良 何かに打ち込んだことがない“イマドキ”女子役

連続ドラマ「ドラゴン桜」で早瀬菜緒を演じる南沙良さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「ドラゴン桜」で早瀬菜緒を演じる南沙良さん(C)TBS

 4月25日に始まる連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)。阿部寛さん演じる元暴走族の弁護士・桜木健二の下、“落ちこぼれ”高校生たちが東大入学を目指す物語。桜木率いるクラス「東大専科」の生徒・早瀬菜緒役を南沙良さんが務める。南さんの役どころについて紹介する。

 ◇飽きっぽい性格変えたい? 頑張れる人間目指し東大専科へ

 南さんの演じる早瀬菜緒は、飽きっぽい性格の女子生徒。今まで何かに本気で打ち込んだことがない“イマドキ”女子で、頑張れる人間になるために東大専科の門をたたく。

 ◇「ドラゴン桜」の初回ストーリー

 かつて、落ちこぼれだった龍山高校から東京大学合格者を輩出し、一躍時の人となった桜木建二。その後、法律事務所を設立し、元教え子の水野直美(長澤まさみさん)と共に働きながら、学校再建のエキスパートとして順風満帆な弁護士人生を歩んでいた。

 時は令和。偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園で、教頭・高原浩之(及川光博さん)は桜木による再建案を提案する。しかし、自由な校風を理想に掲げる理事長・龍野久美子(江口のりこさん)は進学校化に反対し、意見が割れていた。桜木と水野は東大合格者を出し、学園を再建できるのか……。

 前回ドラマの原作は三田紀房さんの同名マンガ。2005年に連続ドラマが放送され、桜木が「倒産寸前、低偏差値」の私立龍山高校を超進学校に再生させるべく、生徒と奮闘する様を描いた。今回のドラマは続編。マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の「ドラゴン桜2」を原作に、ドラマオリジナルストーリーも展開する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る