青天を衝け:堤真一“円四郎”の帰還にファン歓喜 草なぎ剛“慶喜”コンビ復活に笑顔? 涙目?「相思相愛すぎて…」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第11回のワンシーン (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第11回のワンシーン (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第11回「横濱焼き討ち計画」が4月25日に放送され、草なぎ剛さん扮(ふん)する徳川慶喜と堤真一さん演じる平岡円四郎の再会が描かれた。

 謹慎を解かれた慶喜は、将軍・家茂(磯村勇斗さん)の後見職となるも、薩摩の島津久光(池田成志さん)や公家の三条実美(金井勇太さん)から攘夷(じょうい)の決行を迫られ、対応に苦慮。そこに姿を現したのが円四郎で、慶喜に笑顔が戻る……。

 SNSでも「平岡円四郎、カムバック」「円四郎おかえり!」「慶喜と円四郎コンビの復活がうれしい」「円四郎さんが戻って慶喜様の笑顔も戻った」「円四郎さん! 慶喜さま、少し涙目…よかった」「慶くんと円四郎ちゃん相思相愛すぎて無理。すき」といった声が上がるなど、ファンを喜ばせた。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る