おちょやん:再登場の“ちび千代ちゃん”毎田暖乃 春子は千代のめいだった!

NHK連続テレビ小説「おちょやん」に春子役で再登場した毎田暖乃ちゃん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」に春子役で再登場した毎田暖乃ちゃん (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の102回が4月27日に放送され、前日第101回の最後に再登場した子役・毎田暖乃ちゃん演じる春子の正体が判明した。

 暖乃ちゃんはドラマの序盤、“ちび千代ちゃん”ことヒロイン千代(杉咲さん)の子供時代を演じ、大人顔負けの演技で、視聴者の注目を集めた。

 この日は、道頓堀を飛び出し、雨の中で行き場をなくした千代(杉咲さん)を、行方知れずになっていた継母(ままはは)の栗子(宮澤エマさん)が捜し出すと、千代に向かって、「春子の面倒を見てやってほしい。あんたのめいや」と告げるシーンがあり、春子の正体が、栗子の孫で千代のめい(異母妹の子)であることが明かされた。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る