明日のおちょやん:4月28日 第103回 千代、栗子と一緒のワケ そして今は…?

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第103回の一場面 (C)NHK
1 / 4
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第103回の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第21週「竹井千代と申します」を放送。4月28日の第103回では……。

 1年前、道頓堀を飛び出し、雨の中で行き場をなくした千代(杉咲さん)を家に連れて帰った栗子(宮澤エマさん)。身寄りのない孫・春子の身を案じ、育ててほしいと千代に切り出す。しかし、家族を失った原因でもある栗子に対し、灯子(小西はるさん)への感情も重なり、憤る千代。意図せず春子を傷つけてしまうが、千代は春子からあることをお願いされる。そして今、千代の引退を知った当郎(塚地武雅さん)と長澤(生瀬勝久さん)の姿がNHK局内で見当たらず………。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る