安藤美姫:連ドラ初出演でセリフに「不安」も 「警視庁ゼロ係」フィギュアスケート選手役 スケートも披露

5月14日放送の「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5」第3話にゲスト出演する安藤美姫さん(中央)=テレビ東京提供
1 / 8
5月14日放送の「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5」第3話にゲスト出演する安藤美姫さん(中央)=テレビ東京提供

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫さんが、俳優の小泉孝太郎さん主演の人気ドラマシリーズ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5」の第3話(5月14日放送)にゲスト出演することが5月7日、分かった。安藤さんが連続ドラマに出演するのは初めて。フィギュアスケート選手の逢沢莉穂に扮(ふん)し、スケートも披露する。

 第3話は、小早川冬彦(小泉さん)らの「なんでも相談室」に、子供と一緒にフィギュアスケートの大会を見に行ってほしいという依頼が入り、冬彦と寺田寅三(とらみ、松下由樹さん)が付き添うことになる。大会で逢沢が演技をしている最中に停電が発生。復旧すると出番を控えていた増田栞(八木アリサさん)が何者かに殺害されていた……という展開。

 ドラマは、小説家の富樫倫太郎さんの「生活安全課0係」シリーズ(祥伝社)が原作で、2016年にスタートし、毎年放送されている人気シリーズ。

 ◇安藤美姫さんのコメント

 大好きでずっと見ていたドラマの一つで、そのドラマに出演のお声掛けをいただいた時は本当にうれしかったですが、長いセリフを覚えて演技をするのが初めてだったのでそこは本当に不安で、迷惑かけないかと心配な気持ちの方が大きかったです。

 でも、台本をいただき読んでいくうちに、ドラマの中の役である“逢沢莉穂”という選手がどんな人物でどんな思いを持ってスケートと自分と向き合ってきたか、周りとどのように付き合ってきたかなど、自分の経験や思いも重ねてみたり、撮影をしていくうちに自分の中での莉穂になりきれた気がしています。

 いろんな思いを持って挑んだ撮影現場は、緊張感や迫力、明るさやいろんなパワーがあふれていて、とても魅力的で楽しかったです! スタッフの皆様や出演者の皆様、特に冬彦さんと寅三さんは気さくにお話してくださったり、撮影中も「楽しんで」と優しく緊張をほぐしてくださり、とても心強かったです!!

 私も大好きな大好きな“警視庁ゼロ係 SEASON5”がいよいよ始まりました!! 今回、本当に初めての新しい挑戦でした。でも、見どころたくさんのお話になっていると思います!! 最高に愛のある、そしてユーモアもあってもちろん真剣で、長く愛されているこのドラマに出演させていただけたこと、本当にうれしかったです! ぜひ1人でも多くの方に見ていただきたいです! お楽しみに!

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る