ドラゴン桜:第3話 “楓”平手友梨奈&“瀬戸”高橋海人が東大専科に加入 “藤井”鈴鹿央士ら難関大コースと負けたら即廃止の勝負!

連続ドラマ「ドラゴン桜」第3話の場面写真(C)TBS
1 / 8
連続ドラマ「ドラゴン桜」第3話の場面写真(C)TBS

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)第3話が5月9日に放送される。

 天野晃一郎(加藤清史郎さん)、早瀬菜緒(南沙良さん)、岩崎楓(平手友梨奈さん)に続き、偏差値が学年最下位の瀬戸輝(高橋海人さん)が東大専科に加わった。水野直美(長澤まさみさん)は早速ミニテストをするが、生徒たちは中学レベルの問題にも苦戦。桜木建二(阿部さん)はSNSを活用した勉強法を打ち出す。

 理事長の龍野久美子(江口のりこさん)は東大専科に生徒が集まり始めたことに焦っていた。東大合格者が5人出たら辞任しなければならない。早めに専科をつぶそうと、対抗する難関大コースを新設し、理系トップの藤井寮(鈴鹿央士さん)を引き入れる。

 東大専科を見下す藤井に、桜木は「お前に東大は無理だ」と断言。反発した藤井は東大の過去問題を使って負けたクラスが即廃止となる「東大専科」対「難関大コース」の勝負を持ち掛け……。

 2005年に放送され、社会的ブームとなった人気学園ドラマの続編。阿部さん演じる元暴走族で弁護士の桜木建二が、偏差値32の龍海学園の再建に挑む姿を描く。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る