カラフラブル:第7話 “和子”吉川愛&“周”板垣李光人の思いがすれ違う “ゆうたん”永田崇人が再登場

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第7話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 7
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第7話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の吉川愛さんと俳優の板垣李光人(りひと)さんダブル主演の連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第7話が5月13日に放送される。

 周(板垣さん)は、子供番組のお兄さん・ゆうたん(永田崇人さん)と再会する。周とささめ(草川拓弥さん)のユニットの初仕事が、ゆうたんと3人でのトークショーに決まったのだ。ゆうたんは、以前周が番組にゲスト出演した際、本音でぶつかりながらも分かり合えなかった因縁の相手。

 トークショーの話を聞いた和子(吉川愛さん)は、周が再びゆうたんに傷付けられるのではと心配する。しかし周は、自分と考え方の違うゆうたんとしっかり向き合いたいと考えていた。「私、助けに行けないよ?」「僕、そんなに頼りない?」と、和子と周の思いはすれ違ってしまい……。

 原作はマンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさんの「ジェンダーレス男子に愛されています。」。吉川さん演じる、仕事熱心だが自身には手を抜きがちな町田和子(わこ)と、板垣さん演じるメークやファッションを自由に楽しむ相馬周(めぐる)の恋模様を描く。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る