リコカツ:第5話 “咲”北川景子と“紘一”永山瑛太が急接近? 異動話浮上も

連続ドラマ「リコカツ」第5話のワンシーン(C)TBS
1 / 19
連続ドラマ「リコカツ」第5話のワンシーン(C)TBS

 女優の北川景子さん主演で俳優の永山瑛太さんが出演する連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)第5話が5月14日に放送される。予告動画では「リコカツを超え急接近する2人」のテロップと共に、紘一(永山さん)が咲(北川さん)にキスしようとする場面などが公開されている。

 咲と紘一は、離婚はせずにもう一度最初からやり直そうと心を新たにする。その夜、紘一の母・薫(宮崎美子さん)が帰宅したと正(酒向芳さん)から連絡が。2人が駆け付けると、薫は働いた旅館の給与明細を正に見せ、正式に離婚を迫る。

 翌朝、咲は薫から、紘一の好きな料理の作り方を教えてもらうことに。一方、紘一は咲の母・美土里(三石琴乃さん)から離婚宣告されて落ち込んでいた武史(平田満さん)を心配し、咲の実家へ。そこには武史の浮気相手らしい里奈(中田クルミさん)の姿が。美土里に離婚届を託された貴也(高橋光臣さん)もやって来て、紘一、武史、貴也、里奈の4人で、すき焼き鍋を囲むことになった。

 そんな中、紘一に異動話が持ち上がる。自宅と基地が離れていることを気にする上層部がいるというのだ。仕事のこと、咲とのことを考えた紘一は、基地に近い実家へ引っ越そうと決意し、咲に提案。

 だが、咲は小説家の水無月連(白洲迅さん)に「新境地を開くような小説を書きたい」とチャンスを与えられたばかりで、2人の意見は真っ向から対立。咲と絋一はついに離婚へ進み始めるのか……。

 ドラマは「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系)などで脚本を担当した泉澤陽子さんのオリジナル作品。自由奔放な妻・咲と生真面目な夫・紘一が、周囲に離婚の話を切り出せずにいる中、水面下でリコカツ(離婚に向けた活動)を進めていく物語。

写真を見る全 19 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る