岩田剛典:眞栄田郷敦と兄弟役 二階堂ふみと三角関係に 7月期TBS“火10”「プロミス・シンデレラ」

7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する(左から)眞栄田郷敦さん、二階堂ふみさん、岩田剛典さん (C)TBS
1 / 2
7月スタートの連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演する(左から)眞栄田郷敦さん、二階堂ふみさん、岩田剛典さん (C)TBS

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんと俳優の眞栄田郷敦さんが、二階堂ふみさん主演で7月にスタートする連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが5月18日、分かった。岩田さんと眞栄田さんは、主人公・桂木早梅(はやめ、二階堂さん)と三角関係になる兄弟を演じる。

 岩田さんは、早梅に思いを寄せる旅館の御曹司・片岡成吾演じる。成吾は、容姿端麗、成績優秀で常に周りから注目を浴びてきたが、自由がなく、心を許せる相手もいないことをひそかに悩んでいた。そんなあるとき、初恋の相手である早梅と10年ぶりに再会し、次第に早梅への思いが抑えられなくなっていく。

 眞栄田さんは、成吾の弟で、早梅に“リアル人生ゲーム”を仕掛ける高校生・片岡壱成を演じる。壱成は、友達と豪遊し、ホームレスに金をばらまくようなことをする金持ち。劇中では、金に一切興味を示さないばかりか、自分に平手打ちをくらわせた早梅に次第に興味を持っていくという役どころだ。

 岩田さんは「僕が本作品のお話をいただいたときには二階堂ふみさん、眞栄田郷敦さんと共演することが決まっていました。ですので、初共演ということが、まずとても楽しみだなと思っていました。また実は僕自身、こういうラブコメの作品に出演することが久しぶりなので、そこも楽しみです。原作を読ませていただいたのですが、三角関係だったり、いわゆる王道のラブストーリーの部分もありつつ、とても夏ドラマにふさわしい、毎週明るく見ていただけるような作品になるのかなと思っています。うだるような暑さを吹き飛ばす、明るいスカッとしたドラマを、皆さんと一緒に作ってお届けできればと思います」とコメントを寄せている。

 眞栄田さんは「原作を読んでみて、コミカルな部分は面白く、良い表情が描かれていて、シリアスな部分はとてもきれいな絵で、まずマンガの絵がとても好きだなと思いました。話は、正直壱成のギャップにやられたといいますか(笑い)。非現実的な部分もある話だと思いますが、それを感じさせないほど入り込んで楽しめた作品でした」とコメント。

 続けて「ドラマを通して、スカッとしたり、切なくなったり、キュンとしたり、原作を知っている方にも、知らない方にも、『プロミス・シンデレラ』の魅力を最大限お届けできればいいなと思っています」とアピールしている。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子が、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を描く。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る