菜々緒:日曜劇場「TOKYO MER」でシングルマザーの看護師役

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」に出演する菜々緒さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」に出演する菜々緒さん(C)TBS

 女優の菜々緒さんが、鈴木亮平さん主演で、7月期にTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で放送される連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」に出演することが5月19日、分かった。救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」のメンバーで看護師・蔵前夏梅(くらまえ・なつめ)を演じる。

 蔵前は、救命救急医療に精通したすご腕の看護師。目の前の命を救いたいという喜多見(鈴木さん)の考えや思いと同じく、危険な現場にも率先して立ち向かう強くて頼もしい看護師で、MERの救命現場に必要不可欠な存在。命を守るため、時には危険を冒し、時には凛として自分の意見を主張する彼女だが、バツイチ子持ちで仕事と子育てを両立するシングルマザーとしての一面もある、という役どころ。

 菜々緒さんは「伝統や歴史があり、さまざまなヒットドラマを生み出してきたTBS日曜劇場に出演させていただけることが大変光栄ですし、すごくうれしい気持ちです」と出演を喜び、「本格救命医療ドラマということで今までにない緊張感の中、何とか必死に食らいつきながら連日撮影に臨んでます」と語っている。

 また、石田ゆり子さん、仲里依紗さん、要潤さん、小手伸也さん、佐野勇斗さんの出演も発表された。

 ドラマは、都知事の命で新設された「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチームの活躍を描く。専門的で高度なオぺシーンも登場する本格医療ドラマ。映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る