おちょやん:期間平均総合視聴率は22.6% 関西では25.0%、リアルタイム視聴率17.2%を記録

NHK連続テレビ小説「おちょやん」の主演・杉咲花さん
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」の主演・杉咲花さん

 杉咲花さんが主演し、5月14日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」全115回の期間平均総合視聴率が、22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5月26日、分かった。リアルタイム視聴率は17.4%、タイムシフト視聴率は6.5%を記録している。

 関西での期間平均総合視聴率は25.0%、リアルタイム視聴率は17.2%、タイムシフト視聴率は9.1%だった。

 タイムシフト視聴率は、録画しておいた番組を7日内(168時間内)に見たタイムシフト視聴の指標、総合視聴率はリアルタイム視聴とタイムシフト視聴のいずれかでの視聴を示す指標のこと。重複視聴分は除かれる。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る