Sexy Zone:「かのきれ」主題歌決定に歓喜の声「サマーラブソング楽しみ!」 「#夏のハイドレンジア」トレンド1位

連続ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌を担当する「Sexy Zone」
1 / 1
連続ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌を担当する「Sexy Zone」

 人気グループ「Sexy Zone」が、中島健人さんと小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった(かのきれ)」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の主題歌を担当する。タイトルは「夏のハイドレンジア」で、シンガー・ソングライターの秦基博さんが書き下ろした夏らしいラブソング。SNSは「ゴールデンタイムのドラマ主題歌はうれしい!」「テンション爆上がり」「サマーラブソング楽しみ!」と歓喜の声で盛り上がり、ツイッターでは「#夏のハイドレンジア」がトレンド1位となった。

 ドラマは、韓国の同名ヒットドラマが原作。さえない少年からイケメンの“最恐毒舌エリート”になった長谷部宗介(中島さん)と、優等生の美少女から、無職の“残念女子”になった佐藤愛(小芝さん)という、真逆の成長を遂げた2人のすれ違う初恋を描くラブストーリー。7月6日スタート。

 主題歌は、都会の雨の中でもりんと咲くあじさいの花(ハイドレンジア)をヒロインに見立て、「そのままのあなたでいいんだよ」というメッセージが込められている。8月4日に発売される。

 ツイッターでは「#彼女はキレイだった」「#Sexy Zone」「主題歌決定」「サマーラブソング」「秦基博さん」など、関連ワードが続々とトレンド入りした。

テレビ 最新記事