着飾る恋には理由があって:“駿”横浜流星の“充電ハグ”にキュン 料理シーン&“くるみ呼び”も注目

連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第8話のワンシーン(C)TBS
1 / 4
連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第8話のワンシーン(C)TBS

 女優の川口春奈さんと俳優の横浜流星さんが共演する連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)第8話が6月8日に放送された。横浜さん演じる藤野駿が仕事に行く前に、川口さん演じる真柴くるみをぎゅーっと抱きしめる場面が登場。視聴者からは、「駿と真柴の充電ハグが可愛すぎてたまらん」「ハグキュンキュンした」などの声が上がった。

 第8話では、元彼女で、以前勤めていた店「オルテンシア」のオーナーの娘でもある葉菜(山本千尋さん)と再会した駿は、葉菜から店を手伝ってほしいと声をかけられる。オーナーに店を辞めてしまったことを謝罪し、「手伝わせてください!」と頭を下げた駿は、1週間でアラカルト25品を覚えることを条件に出される。

 そんな中、真柴と駿はレストランデートに行くことに。しかし、駿は仕事が延びてしまい、約束の時間に間に合わず。急いで真柴の元へ走るが、携帯電話を持たない駿と真柴はすれ違ってしまう。そんな中、真柴の姿を見つけた駿は、「くるみ!」と名前で呼ぶが、その声は真柴に届かず。一足先に真柴の元にやってきた祥吾(向井理さん)と、真柴はタクシーに乗り込み……と展開した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#着飾る恋」が世界トレンド2位になるなど、大きな盛り上がりを見せた。SNSでは、「ハグチャージいいなぁ。川口春奈が可愛いすぎる」「いちゃいちゃハグ最高」「名前呼びで泣きそうになった」「くるみ呼び、やばい」「もう次が待ちきれない!」などのコメントが並んだ。

 また、横浜さんが料理をするシーンについて、「カッコよすぎた。手際よすぎ」「料理してる姿、やっぱりすてき」という声も上がっていた。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る