おかえりモネ:内野聖陽&浅野忠信の“サシ飲み”シーンが登場! 「破壊力半端ない」「朝からスリリング」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第18回のワンシーン (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第18回のワンシーン (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第18回が6月9日に放送され、耕治(内野聖陽さん)と新次(浅野忠信さん)が“サシ飲み”をするシーンが登場。SNSでは、「朝から豪華でスリリング」「浅野忠信と内野聖陽のシリアスな掛け合い見られるの、ぜいたくでしかない」「ドキドキしてしまった」「破壊力半端ない」と視聴者が反応した。

 第18回では、耕治と新次が居酒屋で酒をあおりながら会話をする姿が描かれた。居酒屋では、二人は一席分空けてカウンターに座っていたことから、「新次さんと耕治さんの過去が気になります」「このふたりの間を隔てる空間が切ない」「過去に起きた出来事がきっかけで、二人は距離を置いてしまうようになったのでしょうか…」と耕治と新次の関係性を気にする声も上がった。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが気象予報士となり、天気予報の世界にかかわる中で成長を遂げ、故郷に貢献する姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る