石井杏奈:「イタイケに恋して」で“奇抜な格好” 菊池風磨らをスパルタ教育する恋愛インフルエンサーに

7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」に出演する石井杏奈さん=読売テレビ提供
1 / 1
7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」に出演する石井杏奈さん=読売テレビ提供

 女優の石井杏奈さんが、7月1日から放送される連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)に出演することが6月11日、分かった。ドラマは「Sexy Zone」の菊池風磨さん、渡辺大知さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんのトリプル主演作。石井さんは、菊池さんたちが演じる不器用でモテない男子3人をスパルタ教育する弘田佐知を演じる。

 佐知は、大学院で恋愛心理学を研究する大学院生で、自身の恋愛失敗談を自虐的に語って人気を博す「ブル美」としてSNSで人気を誇る恋愛インフルエンサーという二つの顔を持っている。不器用男子3人を、シェアハウスに住まわせて、自身の恋愛の研究に協力させているという役どころだ。年上の3人に対して、時に厳しく姉御のように教育する。

 石井さんはドラマについて「コミカルでポップな世界に個性的な登場人物たちが織りなす物語が、とても可愛くほほ笑ましくなりました」と語り、撮影については「スタッフ、キャストの皆様のとても明るく温かい雰囲気に癒やされ、パワーをいただきながら撮影してい
ます」とコメント。演じる佐知については「今までにない奇抜な格好の役」と話し、「少しでもこの世界に色を添えることができるよう努めたいと思います!」と意気込んでいる。

 ドラマは、連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)シリーズや「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司さんのオリジナル作品。不器用でモテない男子の飯島将希(菊池さん)、影山信博(渡辺さん)、マリック・ジョンソンJr(アイクさん)が、恋愛インフルエンサーの助手となり恋のキューピッドとして奮闘していくストーリー。3人は教会を改修したシェアハウスでともに生活をして、日々間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら“さまざまな恋の形”と向き合っていく。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る