ポツンと一軒家:鳥取、山奥に4世代5人が暮らす一軒家 切り開かれた土地に日本家屋

6月20日放送の「ポツンと一軒家」=ABC提供
1 / 3
6月20日放送の「ポツンと一軒家」=ABC提供

 日本各地の人里離れた一軒家で暮らす人を追うバラエティー番組「ポツンと一軒家」(ABC・テレビ朝日系、日曜午後7時58分)。6月20日は、鳥取県の山奥で、4世代5人が暮らす一軒家を紹介する。

 のどかな雰囲気の最寄りの集落で、犬の散歩中の女性を発見した捜索隊。衛星写真を確認してもらうと、その家の住人のことを知っているようで、一軒家までの道のりも詳しく教えてもらった。

 しばらく山道を進むと「のびとハウス」と書かれた看板を発見。その先の険しい山道を抜けると、広く切り開かれた土地が現れ、赤茶色の屋根が印象的な立派な日本家屋を発見する。スタッフがあいさつをすると、高齢の女性から「中に上がんなさいよ」と声をかけてもらうのだが、そこに暮らしていたのは、4世代5人が同居する家族だった。

 所ジョージさんがMCを、林修さんがパネリストを務める。今回のゲストは高橋みなみさんと武尊さん。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る