悪魔とラブソング:浅川梨奈&飯島寛騎&山之内すずがインスタライブ 撮影秘話明かす

ドラマ「悪魔とラブソング」のインスタライブの様子
1 / 3
ドラマ「悪魔とラブソング」のインスタライブの様子

 桃森ミヨシさんの人気マンガをドラマ化した「悪魔とラブソング」が6月19日に動画配信サービス「Hulu(フールー)」で配信されたことを記念したインスタライブが同日行われ、ダブル主演を務めた浅川梨奈さんと飯島寛騎さん、共演の山之内すずさんが参加。撮影の裏話などを明かして盛り上がった。

  「悪魔とラブソング」は、少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)と「Hulu」がタッグを組んで、人気作品を連続ドラマ化する「マーガレット Love Stories」の第2弾。「悪魔」と呼ばれている女子高生の可愛マリア(浅川さん)が、転校を機に目黒伸(飯島さん)ら同級生たちと絆を築いていく“異色の音楽青春ストーリー”。6月19日から全8話をHuluで独占配信している。

 インスタライブでは、撮影中のエピソードが語られたほか、ファンからの質問コーナーやミニゲームコーナーも設けられた。「一番難しかったシーンは?」というファンからの質問にマリア役の浅川さんは、「全部難しかった」と回答し「中でも一番しんどかったのは泣きのシーンが3、4日続いたとき。もう枯れ果てた……」と告白。目黒役の飯島さんはピアノのシーンを挙げ、「せりふがなくて表情と音の表現で伝えなきゃいけなかったから難しかった」とコメント。甲坂友世役の山之内さんは「泣きのシーンはすごく難しかったけど、一番楽しかった。皆さんの優しさに救われました」と感謝していた。

 撮影時と髪形が変わっていた飯島さんにファンから「目黒ぐれた?」というコメントが寄せられ、浅川さんと山之内さんが突っ込むなど、キャスト同士の仲の良さがうかがえる一幕も。最後には、浅川さんが「見ていただいて感想をつぶやいていただけたらうれしい。すてきな青春群像劇になっているのでぜひご覧ください」と呼びかけた。

 20日午後6時には、ドラマの公式インスタグラム(@lovestories_hulu)で、浅川さん、神田優介役の奥野壮さん、井吹ハナ役の吉田志織さん)吉田さんが出演するインスタライブが行われる。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る