白濱亜嵐:恒松祐里、野村周平、柄本時生の“同期”4人に迫る別れ 「泣くな研修医」最終回

連続ドラマ「泣くな研修医」最終話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「泣くな研修医」最終話の一場面=テレビ朝日提供

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐さんが主演する連続ドラマ「泣くな研修医」(テレビ朝日系)最終話(第10話)が、6月26日午後11時から放送される。この度、最終話の先行カットが公開。隆治(白濱さん)、くるみ(恒松祐里さん)、蒼(野村周平さん)、すばる(柄本時生さん)の4人の研修医たちが海岸ではしゃぐ様子などを収めている。

 最終話では、隆治ら研修医たちに進路を決める時が近づき、切磋琢磨(せっさたくま)してきた4人がそれぞれの道に進んでいく姿が描かれる。医師になると決めた時から心変わらず、外科医を志望する隆治。病気療養から復帰したくるみは、一時は美容外科へ進むことを考えていたが、突然の外科希望を宣言。隆治に「負けないから」と“宣戦布告”する。オンライン診察に興味があった蒼は、新しく立ち上がるオンライン診察などを行う新部署に誘われて、喜んで希望。一方、すばるは、内科からスカウトされるがどこか煮え切らない様子でいた……。

 そんな中、上司である消化器外科の副部長・岩井(高橋和也さん)の研修医時代の同期で、現在は医療途上国を飛び回っている医師の仲川(谷中敦さん)が入院してくる。両脚の感覚障害と右脚の運動障害があり、信頼する岩井のもとへ受診しにきたという。仲川は治療後、すぐにでも赴任地に戻ることを希望しているが、検査の結果、直腸がんの多発転移が脊椎(せきつい)に確認される。サポートとして仲川の担当をすることになった隆治は、岩井から自分が執刀医だった場合どう治療するかを考えて、答えをもってくるよう言われる。

 ドラマは、現役外科医の中山祐次郎さんのデビュー作でベストセラーの同名小説(幻冬舎文庫)が原作。研修医たちの青春群像劇で、現代医療界の抱える問題も描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る