芳根京子:石川監督の手紙に感極まり号泣「お見せできないレベルに」 主演映画「Arc アーク」初日

映画「Arc アーク」の公開初日舞台あいさつに登場した芳根京子さん
1 / 22
映画「Arc アーク」の公開初日舞台あいさつに登場した芳根京子さん

 女優の芳根京子さんが6月25日、東京都内で行われた主演映画「Arc アーク」の公開初日舞台あいさつに登場した。サプライズで石川慶監督が感謝の手紙を読むと、芳根さんは「嫌だ泣いちゃう……」と涙をこらえる様子を見せ、心のこもった手紙の内容を聞き終えると客に背を向け、「お見せできないレベルに泣いております」と感極まり号泣していた。

 石川監督が手紙で、「最初オファーしたとき『ちょっと難しいかもしれないです』と言われて、あきらめきれずに直接会って話した日のことを思い出します。あのとき芳根さんは大きな岐路に立っている様子で、これからのことに悩まれていて、作品のことだけではなくいろんな話をしましたね」と当時の芳根さんの心境を明かした。

 それを受けて芳根さんは、「今日一言目から泣くのを我慢していた。満員のお客さまに見ていただいたことで感極まっていたので、監督の言葉に泣かされました」と切り出し、「石川さんとご一緒した取材でエネルギーというかパワーになる言葉を聞き、『自分はもう少しやれる』『『自分はもう少しやれる』『もっともっと頑張れる』なとか、活力になる言葉をたくさんいただきました』と感謝を口にした。

 さらに芳根さんは、「この作品のお話を聞いたとき、この仕事が自分に向いているのかわからなかった時期。それも石川さんがすごく優しく包み込んでくださって、今こうしてここに立つことができています。石川さんは私の人生のかけがえのない存在です。これからよろしくお願いいたします」と涙で声を詰まらせながら語っていた。

 映画は、米SF作家のケン・リュウさんの短編小説「円弧(アーク)」(ハヤカワ文庫刊)が原作。そう遠くない未来。放浪生活を送っていたリナ(芳根さん)は、師となるエマ(寺島さん)と出会い、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術する「ボディワークス」という仕事に就く。エマの弟・天音(岡田さん)は、この技術を発展させて「不老不死」を完成。リナは不老不死の技術を受けた世界初の女性となり、30歳の姿のまま永遠の人生を生きていくが……というストーリー。

 舞台あいさつには、寺島しのぶさん、岡田将生さん、清水くるみさん、小林薫さんも出席した。

写真を見る全 22 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る