ドラゴン桜:最終話 東大入試本番! ついに迎える運命の合格発表 買収劇には最強助っ人現る

連続ドラマ「ドラゴン桜」最終話の場面写真(C)TBS
1 / 12
連続ドラマ「ドラゴン桜」最終話の場面写真(C)TBS

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)最終第10話が6月27日に15分拡大で放送される。予告映像には「ついに東大入試、本番!」「運命の合格発表!」の文字が並ぶほか、学園売却計画を巡るシーンでは「最強助っ人登場!」のテロップが映し出される。

 売却計画には、教頭の高原浩之(及川光博さん)、水野直美(長澤まさみさん)の東大時代の同期・坂本智之(林遣都さん)、桜木建二(阿部さん)の元教え子・米山圭太(佐野勇斗さん)が関わっていたことが判明。桜木たちは厳しい状況に追い込まれる。

 一方、共通テストで思い通りの点数を取れなかった藤井遼(鈴鹿央士さん)は、桜木にある決意を伝える。専科から離脱した瀬戸輝(高橋海人さん)は……。

 2次試験に向けてラストスパートの東大専科。桜木は生徒たちに、大逆転できる秘策を用意していた。受験結果、そして学園の行く末は?

 2005年に放送され、社会的ブームとなった人気学園ドラマの続編。原作は三田紀房さんのマンガ「ドラゴン桜2」(コルク)。阿部さん演じる元暴走族の弁護士・桜木建二が、偏差値32の龍海学園の再建に挑む姿を描く。

写真を見る全 12 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る