TOKYO MER~走る緊急救命室~:菜々緒がシングルマザーの看護師に 鈴木亮平の“右腕”として活躍

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」で蔵前夏梅を演じる菜々緒さん (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」で蔵前夏梅を演じる菜々緒さん (C)TBS

 TBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」が、7月4日にスタートする。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く。女優の菜々緒さんが演じるチームのメンバー・蔵前夏梅(なつめ)を紹介する。

 ◇知識&経験豊富、チャレンジ精神旺盛 主人公の右腕に

 蔵前は、TOKYO MERの看護師。救命救急の知識と経験が豊富で、主人公・喜多見幸太(鈴木亮平さん)の右腕として一秒を争う現場で活躍する。ポジティブな性格で、チャレンジ精神が旺盛。命を救いたいという熱い思いゆえに、保育園に通う娘を持つシングルマザーながら、過酷な救命救急と病棟業務を兼務する。

 ◇「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の初回ストーリー

 事故、災害、事件の現場に駆けつける救命救急チーム「TOKYO MER」が新たに発足した。バス事故で重篤患者が出ていると通報を受け、早速チームが出動。事故現場でオペをするという前代未聞のミッションに挑むが、医師の常識を超越した喜多見の救命行為を、厚生労働省が問題視。工場爆発というさらなる試練にも直面する。

 映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当する。初回は25分拡大で放送される。
 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る