ナイト・ドクター:“深澤”岸優太の意味深ナレーションに視聴者騒然 「どうなっちゃうの?」「次回まで待てない」と反響続々(ネタバレあり)

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第5話が7月19日に放送された。同話のラストでは、深澤新(岸優太さん)の意味深なナレーションが流れ、視聴者は「何が起こるの」「どうなっちゃうの?」と騒然となった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 本作は、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。第5話では、重機の暴走事故が発生し、「あさひ海浜病院」にドクターカーの出動要請が入る。本郷亨(沢村一樹さん)は朝倉美月(波瑠さん)と成瀬暁人(田中圭)に現場へ向かうよう指示。そこに深澤が自身も成長したいという思いで、「自分も行かせてください。チャンスをください」と名乗り出る……という展開だった。

 同シーンの前後には、深澤の「いつか俺もこの4人に追い付いてみせる。彼女(美月)に追い付いてみせる。そう思っていた。この夜が来るまでは」「どうしてこの時、彼女(美月)の異変に気付かなかったんだろう」「あの時、声をかけていれば。あの時、手を差し伸べていれば」といったナレーションが流れ、美月が目頭を押さえる姿や、事故現場での対応中にふらつく様子も描かれ、最後は美月が高所から落下する場面で締めくくられた。

 さらに、第5話放送後に公開された次回予告には、美月が病院に運ばれるシーンや、深澤の「もっと俺がちゃんとしていられば」「俺のせいだ」というセリフが収められており、SNSでは驚きの声が続出。「予告だけで涙」「胸が締め付けられる」といった反響や、「続きが気になりすぎる」「次回まで待てない」といったコメントも続々と寄せられた。

 7月26日、8月2日の放送は、東京オリンピック中継に伴い休止。第6話は8月9日に15分拡大で放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る