プロミス・シンデレラ:第2話視聴率7.8% 二階堂ふみは旅館で働き始めるが…予期せぬ災難?

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第2話のワンシーン (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第2話のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」の第2話が7月20日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生をかけた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、高級老舗旅館の若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)と、成吾の弟の高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係、旅館関係者を巻き込んだ恋模様を描く。

 第2話では、旅館で働き始めた早梅への仲居たちの態度が冷たい。女将の座を狙って成吾争奪戦に火花を散らす彼女たちは、悦子(三田佳子さん)の口利きで入った早梅が成吾のお嫁さん候補ではないかと嫉妬しているのだった。一方、自分の連れてきた早梅を兄に取られる気がして面白くない壱成(眞栄田郷敦さん)。ある日、悦子から新しい掛け軸を旧館の物置から出しておくよう頼まれると、あるゲームを思い付き、早梅にやらせようするが、早梅が予期せぬ災難に見舞われ……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る