高嶋政宏:濱田崇裕を“打ち首”に!? 「武士スタント逢坂くん!」に出演へ 「シンドラなめんなよ!」

ドラマ「武士スタント逢坂くん!」で高嶋政宏さんが演じる鶯谷寛喜 (C)NTV/JS
1 / 4
ドラマ「武士スタント逢坂くん!」で高嶋政宏さんが演じる鶯谷寛喜 (C)NTV/JS

 俳優の高嶋政宏さんが、日本テレビのシンドラ枠(月曜深夜0時59分)で、7月26日にスタートする連続ドラマ「武士スタント逢坂くん!」に出演することが25日、分かった。人気グループ「ジャニーズWEST」の濱田崇裕さん主演のドラマで、高嶋さんは、武士・逢坂(濱田さん)を打ち首にしようとする大名・鶯谷寛喜を演じる。

 ドラマは、2019年11月~2021年4月に「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載された、ヨコヤマノブオさんの同名マンガが原作。“春画”を描いていた武士が、江戸から令和にタイムスリップし、あるマンガ家のアシスタントになるというコメディー。

 高嶋さんは、「昭和の時代から令和の時代までタイムスリップものは、やり尽くされたはず。ところがどっこい、まだ新しい手があったかと。それに関わることができて本当最高です。シンドラなめんなよ! 視聴者諸君、この志の高さについてこられるか!」とコメント。

 また役になりきって、「余は春画が見たいのじゃ! 見たくて、見たくてたまらないのじゃ! されど見ることかなわぬ超ストレスの中、おのれ春画を描き続けおって!!! 打首じゃ! 許さん! 貴様の首を橋の欄干にさらし、カラスに食わせてくれようぞ!」とも語っている。

 第1話では、中堅マンガ家・宮上裕樹(今井隆文さん)は締め切り寸前で、ピンチに襲われる。そこへ突然、全裸の逢坂が出現。逢坂は江戸で春画を描いていたため、処刑されることになったが、処刑寸前に現代へタイムスリップしたのだという。一方、逢坂は初めて見たマンガに感動。宮上の下でマンガを学びたいといい、弟子入りを求める……という展開。

 ドラマは毎週月曜深夜0時59分に放送。第1話は7月26日深夜1時9分、第2話は8月2日深夜1時9分から放送される。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る