ハドソン川の奇跡:「土曜プレミアム」で今夜放送 航空機事故に隠された事実描く クリント・イーストウッド×トム・ハンクス

映画「ハドソン川の奇跡」の場面写真(C) Warner Bros. Entertainment Inc.
1 / 4
映画「ハドソン川の奇跡」の場面写真(C) Warner Bros. Entertainment Inc.

 米ニューヨークで実際に起きた事故を、クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクスさん主演で映画化した「ハドソン川の奇跡」が、7月31日午後9時からフジテレビの「土曜プレミアム」で本編ノーカット地上波初放送される。奇跡と称賛された史上最大の航空機事故の裏に隠された実話を描く。

 2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850メートルで155人を乗せた航空機が、全エンジン停止。160万人が住む大都会の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。近くの空港に着陸するよう管制室から指示がある中、機長サリー(ハンクスさん)は不可と判断し、ハドソン川への不時着を決断。技術的に難易度の高い水面への不時着を見事に成功させ、“全員生存”の偉業を成し遂げる。サリーは一躍英雄として称賛されるはずだったが、思わぬ疑惑が掛けられてしまう。

 乗客たちを命の危機にさらす無謀な判断ではなかったのか? 徹底追及する事故調査委員会、そして揺れる世論。そこに重なるさまざまな思惑の中、英雄となったサリーは、一夜にして殺人未遂の罪に問われることに……という展開。

 今回の放送では、実際の事故のニュース映像を紹介するドキュメントVTRも合わせて放送される。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る