准教授・高槻彰良の推察:伊野尾慧の役作りに「安心」 神宮寺勇太は「シーンをイメージ以上に」 ドラマP明かす撮影の裏側

連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」のポスタービジュアル=東海テレビ提供
1 / 5
連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」のポスタービジュアル=東海テレビ提供

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん主演の連続ドラマ「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」(東海テレビ・フジテレビ系)が、8月7日から「オトナの土ドラ」(土曜午後11時40分)枠でスタートする。本作を手がける松本圭右プロデューサーは、准教授・高槻彰良を演じる伊野尾さんの役作りに「安心した」といい、高槻のバディーとなる孤独を抱えた青年・深町尚哉役の神宮寺勇太さんは「台本を読んだときのイメージ以上のシーン」を作り出していると明かす。松本さんが現場の様子やキャストの表現力、本作の見どころを語った。

 ドラマは、澤村御影さんのミステリー小説「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫)が原作。見たものを全て一瞬で覚えられる“完全記憶能力”を持った民俗学の准教授・高槻と、過去に怪異を経験したことでうそが分かる能力を手にしてしまった大学生・尚哉の凸凹バディーが、「コックリさん」「神隠し」といった怪異事件にまつわる謎に挑む。

 松本さんはキャスティングについて、「もともとキャラクターが強い原作なので、それに負けないくらいのパブリックイメージがある方がいいと考えていました。伊野尾さんなら理知的な准教授として説得力もあるし、それぞれの人が抱えているものに寄り添うような優しさを表現してくれるんじゃないかと思ったのでオファーしました」と裏話を披露。

 初めての読み合わせでは、「すごいなと思ったのは声の出し方をすでに考えてきていたこと。准教授という人に教える立場の人間のせりふなので、耳で聞いてちゃんと頭に入ってくるせりふ回しを最初から意識されていたんです」と話し、「相手(ドラマを見てくれる方)のことをちゃんと考えてるその姿に、『あ、高槻そのものじゃん』と安心したのを覚えています」と語った。

 一方、尚哉については「せりふが少なく、その分、彼が抱えている孤独やナイーブな一面を表情だけで表現しないといけないシーンが多いんです」と説明。「台本の『……』に込められた思いが実はとても重要」だといい、「そんな難しい『……』を神宮寺さんがちゃんと表現してくれています。尚哉のリアクションを見ていれば、そのシーンの意味が分かるくらい。台本を読んだときのイメージ以上のシーンがどんどん撮影できているので楽しみにしていただければと思います」と明かした。

 また、高槻の助手として調査を手伝う高槻研究室の大学院生・生方瑠衣子も登場。演じる岡田結実さんは「芝居への愛、情熱がすごい伸び盛りの元気女子」で、どんどん難しいシーンを作りたくなるといい、「育てると言うとおこがましいですが、間違いなく大女優になる素質を持った女性だと思います」と期待を寄せた。

 松本さんは「その女、ジルバ」をはじめ、これまでにも同枠のドラマを担当してきた。今作には、「ウツボカズラの夢」に主演した志田未来さん、「その女、ジルバ」に出演した久保酎吉さんらがゲストとして登場。「コネも使いながら(笑)、実力派に集まってもらえました。本当に理想的なバランスのキャスティングができている気がします。間違いなく“いい芝居”がお届けできるので、土曜の夜、怪異ミステリーの世界にどっぷりはまりこんでいただきたいです」と自信をのぞかせた。

 「准教授・高槻彰良の推察」は、全8話のシーズン1が東海テレビ・フジテレビ系で放送。シーズン2は10月からWOWOWプライムとWOWOWオンデマンドで放送、配信される。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る