桂文珍:「TOKYO MER」で嫌みな“政界のドン”熱演 「めっちゃ腹立つ!」「お見事」

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第5話に出演した桂文珍さん(C)TBS
1 / 3
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第5話に出演した桂文珍さん(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるTBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第5話が8月1日に放送された。同話には、政界のドンとも呼ばれる民自党幹事長・天沼夕源役で、落語家の桂文珍さんが登場。嫌みな役どころを熱演し、視聴者から「めっちゃ腹立つ!」「最高のクズっぷり」「悪者具合がいい」と反響を呼んだ。

 本作は、都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。第5話は喜多見幸太(鈴木さん)の妹・喜多見涼香(佐藤栞里さん)と妊婦を乗せたエレベーターが火災で急停止。乗り合わせた音羽尚(賀来賢人さん)と大物政治家・天沼と共に閉じ込められる。

 煙の充満したエレベーターは、やがて酸欠状態に。妊婦の容態までも急変し、音羽はTOKYO MERの出動を要請する。しかしMERには、仮病にもかかわらず天沼の救出を優先するよう命が下る。音羽は官僚として、そして医師として究極の選択を迫られ……という展開だった。

 劇中では、音羽がエレベーターの非常用ボタンで管理センターに連絡をつないだ際、天沼が「民自党幹事長の天沼夕源だ! 責任者か秘書を呼べ!」と威圧的な態度で発言。また、妊婦が横で苦しむ中、音羽に自身の世話を優先するよう指示したり、救助にやって来たレスキュー隊に誰よりも先に自分を救出するよう願い出たりと、自己中心的に行動する様子が描かれた。

 SNSでは、天沼の姿に「ムカつく!」という声が相次ぎ、「名演技」「お見事」「ハマり役でした」と文珍さんの演技が話題になった。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る