瀬戸利樹:「推しの王子様」の“ヒール”役 渡邊圭祐と“仮面ライダー俳優”同士の衝突で新たな一面

1 / 1

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)で、「ペガサス・インク」のプランナー・有栖川遼を演じている瀬戸利樹さん。劇中では、無作法、無教養、無気力の五十嵐航(渡邊圭祐さん)に威圧的な態度を取り、度々、衝突する姿を見せ、SNSでは「有栖川の態度がちょっと…」「有栖川ムカつくな~」「瀬戸利樹がヒールっぽい役やってる」といった声が上がり、話題となった。2016~2017年に放送された特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)で鏡飛彩/仮面ライダーブレイブを演じた瀬戸さんとは……。

 ◇仮面ライダーブレイブで人気者に 残念な男、ピンクヘアのプロボクサーも

 瀬戸さんは、1995年10月7日生まれ。25歳。千葉県出身。2014年放送の連続ドラマ「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(日本テレビ系)に出演し、2015年には、TBS系の「日曜劇場」枠(日曜午後9時)で放送された「天皇の料理番」で、主人公・秋山篤蔵(佐藤健さん)の弟・耕四郎を演じた。

 瀬戸さんのキャリアの中で最も知名度を上げたのが、「仮面ライダーエグゼイド」での鏡飛彩/仮面ライダーブレイブだ。端正な顔立ちの瀬戸さんが演じたツンデレタイプの鏡飛彩は、子供のみならず幅広い年齢層の視聴者のハートをわしづかみにし、人気者の仲間入りを果たした。

 その後は、2018年放送の連続ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」(テレビ朝日系)での不動産会社勤務の残念な男・国分諒、2019年放送の連続ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系)での主人公の姉と不倫関係にあるピンクヘアのプロボクサー・八神風太と、性質が違うキャラクターを幅広い演技で表現してきた。

 2020年放送の連続ドラマ「マリーミー!」(ABC・テレビ朝日系)では、ヒロインの相手役となるエリート国家公務員・秋保心も演じた。本気で人を好きになったことがない秋保が、ヒロインと強制結婚して考え方に変化が生じていくという役どころを丁寧に演じた。

 ◇威圧的な態度が新鮮なイメージ

 ヒーロー役で知名度を上げ、残念な男、ピンクヘアのプロボクサー、エリート公務員と幅広い役どころを演じてきた瀬戸さんが、今作「推しの王子様」で演じているのが有栖川だ。有栖川は、実直で裏表がなく、ストレートな発言をするゲームプランナー。ペガサス・インクのムードメーカーとして描かれている。

 劇中ではチームをまとめたり盛り上げたりする一方で、社会人として未熟な航に「お前!」と呼びつけたり、怒鳴りつけたりして、会社の空気を凍り付かせてきた。渡邊さんにすごいけんまくで迫る瀬戸さんの熱演は、今まで演じてきたキャラクターで見せたことがないほど、新鮮なイメージを視聴者に植え付けた。

 SNSでは、渡邊さんが2018~2019年に放送された特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)の仮面ライダーウォズを演じていたことから、「ジオウVSブレイブ!」と仮面ライダーファンを興奮させていたが、今後、有栖川が後輩の航をどう導いていくのか、さらに、協力して仕事に臨むシーンも期待したいところだ。実は、有栖川が誰かに“恋心”を抱いているという設定もあり、どのような形で後半のストーリーを盛り上げるのかも注目したい。第5話は8月12日午後10時から放送される。

テレビ 最新記事