ナイト・ドクター:“成瀬先生”田中圭の愛のある叱咤激励 「グッときた」「最高にカッコいい先輩」と反響

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第6話が8月9日放送された。同話では、成瀬暁人(田中圭さん)が、自分より経験の浅い朝倉美月(波瑠さん)や深澤新(岸優太さん)に叱咤激励するシーンが登場。厳しくも、メンバーのことを気にかけた愛のある行動に、視聴者からは「後輩を育て見守る成瀬先生すてき」「グッときた」「最高にカッコいい先輩」と反響を呼んだ。

 “昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 第6話では、事故現場で患者の処置に当たっていた美月が、過労で立ちくらみを起こしてケガをしてしまう。それが原因で、美月が副業として別の病院でも働いていたことが発覚。成瀬は美月に「一歩間違えれば患者の命だって奪っていたかもしれない」「今のお前は救急医失格だ」と厳しい言葉を投げかけた。

 しかし、成瀬がそう告げたのは、かつて美月によく似た後輩が過労で亡くなった過去があったからだった。成瀬は彼女が働きすぎていたことに気づきながら、何もできなかった自分を悔やんでいた。美月に対して同じ思いを抱く深澤に、成瀬は「お前だけのせいじゃない」と寄り添った。

 一方で、美月のことで落ち込みながらも、勉強に励んでいた深澤に、成瀬は処置を任せる。自信がないと戸惑う深澤に、成瀬は「何を迷う必要がある!」と鼓舞。成瀬の一言に後押しされた深澤は、勇気を振り絞って処置に踏み切り、見事患者を救うことに成功した。処置を終えた深澤を、成瀬は「お前のおかげで患者は助かった。お前にはちゃんとした技術も知識もあったってことだ。足りなかったのはそれを使う度胸だけだ」とねぎらった。

 成瀬に対し、SNSでは「厳しいこと言っても、ちゃんとその人のことを見てくれてる」「指摘や喝に褒めを必ず入れる。いい上司」「成瀬先生めちゃくちゃいい指導者」といった声が上がり、ツイッターでは「成瀬先生」がトレンド入りした。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る