おかえりモネ:「傷つく必要なんかない」菜津の思いに視聴者感涙 “生きているだけで”「重みがある」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第85回が9月10日に放送され、菜津(マイコさん)が莉子(今田美桜さん)と百音(清原さん)に打ち明けた思いに感動の声が寄せられた。

 第85回では、「傷ついた経験、そういうのがある人はやっぱり強い」と話す莉子(今田美桜さん)に対し、菜津が「それはだめ」と諭す。菜津は、「人は傷つく必要なんかない」「何もなくてもいいじゃない。どんな人もいるだけでいいじゃない」と話し、莉子は菜津の言葉からある気づきを得る……という展開だった。

 ずっと宇田川さんに寄り添ってきた菜津の口から出た言葉に対して、SNSでは「菜津さんの言葉が今回、一番刺さった」「菜津さんの言葉、すてきだったな」「重みがあるね」「宇田川さんをそっと見守ってきた菜津さんだからこそ」「菜津さんの言葉は宇田川さんにも聞こえてたかな…」「菜津さんの言葉に救われました」「宇田川さんに届くといいな」といった感想が書き込まれた。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る