おかえりモネ:“高村キャスター”が緊急出演「伝説の復活回!」 「夜中の3時のハイヒール」で再び“戦場”へ

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第90回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第90回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第90回が9月17日に放送された。同回では、キャスター経験のある高村(高岡早紀さん)が再びカメラの前に立つシーンが登場。SNSでは「電撃キャスター復帰!」「高村キャスター・伝説の復活回!」「まさに昔取った杵柄(きねづか)」「胸アツ過ぎる!」と盛り上がりを見せた。

 第90回では、台風の影響で長野県の番場川上流の越水が確認される。高村は、莉子(今田美桜さん)と内田(清水尋也さん)に急いでスタジオへ向かうように促す。だが、2人ともラフな格好をしていたため着替える時間が必要だった。そこで急遽(きゅうきょ)、高村がカメラの前に立つ……という展開だった。

 高村は、第71回(8月23日放送)で、報道の世界は「100%中身で勝負できるほど甘くない」として、ハイヒールを履き続ける訳を語っていた。第90回でもハイヒールを履いてカメラの前に立った高村に対し、「ここで伏線回収」「夜中の3時からハイヒール履いて戦場に立ってる!」「ハイヒールは戦いながら生きてきた高村さんの生き様を体現しているような…」「覚悟と信念のハイヒール」「高村さんの意地」といった感想も書き込まれた。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが気象予報士となり、天気予報の世界にかかわる中で成長を遂げ、故郷に貢献する姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る