白洲迅:ヒロイン横田真悠の笑顔に“キュン” 「どうせもう逃げられない」で共演

連続ドラマ「どうせもう逃げられない」に出演する白洲迅さん(左)と横田真悠さん
1 / 6
連続ドラマ「どうせもう逃げられない」に出演する白洲迅さん(左)と横田真悠さん

 俳優の白洲迅さん主演、女優の横田真悠さん共演の連続ドラマ「どうせもう逃げられない」が、MBSの「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)枠でスタートした。一井かずみさんの人気マンガ(小学館)が原作で、チャラくていい加減に見えるデザイン会社社長・向坂拓己(白洲さん)と、その会社にアルバイト採用された不器用なほど真っすぐな女子・野田蔵なほ(横田さん)の恋を描く。“極上のピュア・ラブストーリー”と銘打たれた本作、“胸キュン”したシーンなどを白洲さんと横田さんに聞いた。

 ◇横田真悠演じるヒロインは「史上ナンバーワン」

 ーーそれぞれの役柄を教えてください。

 白洲さん:「ソロ・デザインオフィス」というデザイン会社の社長・向坂拓己を演じています。普段はいたずら好きで一見チャラそうで、いろんな女の子がいて殴られたりしているんですけど(笑い)。でも実は、心の傷を抱えていて、その闇がゆえに助けてもらったりしているキャラクターです。

 横田さん:私が演じる野田蔵なほは、普通のOLを夢見ている女の子で、すごく何事にも一生懸命で、全力だから空回りしてしまう女の子です。それを向坂さんと出会って、救われたり、どんどんひかれていく女の子です。

 ーー原作を読んでみた感想は?

 横田さん:素直にキュンキュンして、なほという女の子がすてきだな、こんな女の子になりたいなと思いました。何事にも頑張っている人は、絶対に誰かが見ていてくれるんだなとも思いましたし、その女の子を演じることができるのはすごくうれしいと思いました。

 白洲さん:拓己はなかなか抱えているものが大きいので、心して演じないといけないなというのが、第一の感想です。でも、純粋に読者として思ったのは、なほのキャラクターですね。欠点がないんじゃないかって思うぐらい、素晴らしいいい子です。くじけないし、嫌なことがあっても人のせいにしないし。ヒロイン史上、僕の中でナンバーワンと思ったぐらいいい子だと思いました。

 横田さん:その役を演じられるのはうれしいですね。(白洲さんは)いっぱい(ドラマ出演を)やっているので。私は初ヒロインですし、もっともっと頑張ろうって思いますね。

 白洲さん:この役を演じるのはプレッシャーだなって思います。

 横田さん:プレッシャーはもちろんありますし、すごく感情が動く子なので、それをどう表現するのかが難しいなと思って、役作りを考えて日々撮影しています。

 ◇横田真悠は「ずっと可愛い」

 ーー初共演ですが、お互いの第一印象を教えてください。

 白洲さん:最初はフワフワしている子なのかなって思っていました(笑い)。実際に会ってみて、撮影で時間を過ごすと、すごくしっかりしていますね。年の割に礼儀もしっかりしていますし。当たり前のことを当たり前のようにちゃんとできる子だなっていう印象です。

 横田さん:すごく年上というのもあるので、すごく緊張していたんですけど(笑い)。

 白洲さん:そんなに年上じゃないよ。七つしか変わらないよ(笑い)。

 横田さん:確かに(笑い)。でも、白洲さんの雰囲気がすごく柔らかくて、最初に会った時から緊張することなく、ナチュラルに自分のままいることができたので、人をリラックスさせる効果のある方です(笑い)。

 白洲さん:マイナスイオン出てます。

 横田さん:そうです(笑い)。

 ーー「極上のピュア・ラブストーリー」ということですが、オススメの胸キュンシーンを教えてください。

 白洲さん:女子目線で、何がキュンってするか俺も聞きたい。

 横田さん:1話で「痛いところほかにもあるんだろ?」って言われるんですけど、女性って強がってしまう部分があると思いますし、その弱みを誰にも見せられるわけじゃないですか。それを相手から気づいてもらえるのは、胸キュンなのかなと思います。

 白洲さん:僕的にはあのシーン、ほっぺまでつねらなくてもいいのになって思ってやっているんです(笑い)。でもそれが女子的に良いのであれば、ちょっと安心します。

 ーー横田さんのシーンで、「これ可愛かったな!」っていうシーンはありましたか?

 白洲さん:ずっと可愛いんですけど(笑い)。でもやっぱり、横田さんの笑顔ですね。お芝居中を含め、普段もそうなんですけど、拓己としてはすごく救われる笑顔をしてくれるかな。そこはめっちゃキュンってしています。

 ◇ナチュラルにぶりっ子?

 ーーご自身が、異性にキュンってしてしまうシチュエーションはありますか?

 白洲さん:すごく日常的な、何でもない会話をしながら2人で洗濯物を干すとか、そういうのがすごくいいなと思います。ただウチはドラム式なので、洗濯物は干さないんですけど(笑い)。

 横田さん:私は、ただ一緒に手をつないでお散歩するだけで幸せって思いますよね。

 白洲さん:可愛いな(笑い)。おじいちゃん、おばあちゃんが手をつないでいるのを見ると、キュンってしますよね。

 横田さん:そういうおじいちゃん、おばあちゃんになりたいな。そういう年の取り方をしたいなって思いますよね。

 ーー思い出深い撮影エピソードを教えてください。

 白洲さん:すごくナチュラルにぶりっ子するんですよ(笑い)。(両頬に指を当てるジェスチャーをしながら)唐突にやったりするんです。

 横田さん:訳があるんですよ、フェースシールドをしているんですけど、それがここ(頬)にも挟まるのかなって思ってやっていただけで(笑い)。

 白洲さん:フェースシールドだけじゃないからね(笑い)。(ぶりっ子のポーズをしながら)急にくねってなって、「俺、誘惑されているのかな?」って。可愛らしい一面です。

 横田さん:(白洲さんのエピソードは)「アホだな」って言われるシーンで、セリフのどこからお芝居が始まるかが、結構前のところからスタートして、「間違ったな」ってぼそっと本番中に言っていて(笑い)。

 白洲さん:ややこしいセリフで、語尾がちょっと違うぐらいのセリフだったんですけど。それの順番を間違えて、ぼそっと「間違ったなぁ……」って。やり直しになって、すいませんでした(笑い)。 

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る