ボイス2:趣里が“謎の女性”役で登場 ワンシーンのみで視聴者ざわざわ 「3のフラグ?」「次の主要人物?」

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に登場した趣里さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」に登場した趣里さん=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)最終回が9月25日に放送。樋口(唐沢さん)と久遠(安藤政信さん)の最後の戦いが描かれた同話では、“謎の女性”役で女優の趣里さんがワンシーンのみで登場し、視聴者を「次回作の主要人物なのかな?」「あんなチョイ役で終わるわけない」「シーズン3あるフラグでは……?」とざわつかせた。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査員たちの活躍を描いた。

 最終回では、樋口とひかり(真木よう子さん)が、港東署に出頭した久遠の取り調べにあたる。久遠の身柄は本部に移されることになり、久遠を連行していると、体に爆弾を巻き付けた片桐(中川大輔さん)が現れて自爆。久遠は逃亡してしまう。

 そんな矢先、緊急指令室に「マンション内に閉じ込められた」という110番通報が相次ぎ、樋口とひかりは現場へ急行。すると今度は、マンション内に仕掛けられた108個の爆弾の起爆キーがついたメールが届いたという通報が殺到する。久遠は爆弾のスイッチを一般の人々の総意に委ねることで、社会にあふれる悪意と人間の醜悪な本性を証明しようとしていた。

 現場に到着すると、樋口は近くにいるはずの久遠を探し、ひかりたちは住人の救出に尽力する。最上階へたどり着いた樋口は久遠と対決し、ついに確保する……という展開。

 終盤、“謎の女性”は、取り残された男の子の捜索へ向かった樋口とひかりの様子をパソコンの画面越しに眺めており、ニヤリとしながら起爆キーを押す場面で登場。SNSでは「あんなワンシーンだけって……」「ボイス3があるとしたら趣里ちゃんが凶悪犯なんかな」といった反応があったほか、趣里さんが今年1月期に同枠で放送された「レッドアイズ 監視捜査班」に出演していたこともあり「ボイスとレッドアイズが繋がったのか?」と推測する声もあった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る