カンテレ:“えみちゃんねる枠”で久々に自社番組制作へ 関ジャニ∞横山裕&見取り図がMCに就任

「ちまたのジョーシキちゃん」のMCを務める(左から)横山裕さん、盛山晋太郎さん、リリーさん
1 / 1
「ちまたのジョーシキちゃん」のMCを務める(左から)横山裕さん、盛山晋太郎さん、リリーさん

 カンテレは9月27日、2021年10月期の改編記者発表会を開催。昨年7月まで放送されていたバラエティー番組「快傑えみちゃんねる」の金曜午後7時枠で、自社制作の新番組を立ち上げることが明らかになった。人気グループ「関ジャニ∞」の横山裕さんと、お笑いコンビ「見取り図」がMCを務める。

 新番組のタイトルは「ちまたのジョーシキちゃん」で、ちまたにあふれる「常識」を取り上げたバラエティー番組。さまざまなテーマやシチュエーションで関西人に常識アンケートを行い、アンケートで挙がった“ジョーシキ”を紹介。再現ドラマ仕立てで紹介するコーナーなどもある。11月5日にスタートする。

 会見に登場した横山さんは「上沼さんがすごい頑張っていらして、関西のみなさまに愛されていた枠でプレッシャーもありますが、みなさんに愛してもらえるような番組にしたいです」と意気込み。盛山晋太郎さんは「関西のみなさんの金曜(午後)7時の常識になる番組になれば」と語り、リリーさんは「カンテレの正面玄関にある大看板に、この3人で載りたい」とコメントしていた。

 同枠では「えみちゃんねる」終了後、フジテレビ制作の「坂上どうぶつ王国」を放送していた。今年1月に開催された社長会見では、同局幹部が同枠について「『いつかは必ず自社制作で』という思いを持っている」と言及していた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る