カンテレ:石井亮次「“放送界のオグリキャップ”になる!」 “土曜お昼の顔”へのオファーに歓喜 関西初の生放送レギュラー

カンテレ(関西テレビ放送)の4月改編会見に登場した石井亮次さん
1 / 15
カンテレ(関西テレビ放送)の4月改編会見に登場した石井亮次さん

 カンテレ(関西テレビ放送)は3月27日、本社(大阪市北区)で4月改編会見を開催。4月8日から土曜午前11時20分に生放送する新番組「LIVEコネクト!」(第1部:午前11時20~50分、第2部:正午~午後1時)でMCを務める石井亮次さんがゲストとして登場した。

 東大阪市出身の石井さんはこの日が46歳の誕生日。「23年間、大阪で暮らしました。アナウンサーとして23年間、名古屋の局でやってきました。今日、46歳になりました。オグリキャップと同じ誕生日です。僕も“放送界のオグリキャップ”になるんだ、関西で走らせてもらえるような気持ちでおります」と意気込みを語った。

 情報番組「LIVEコネクト!」は、昨年12月29日に特番として放送。関西のさまざまな場所から中継で“コネクト”し、関西の今を伝えて、好評だったことからレギュラー化が決まった。石井さんが関西で生放送のレギュラー番組の司会を務めるのは初めて。

 “カンテレ土曜お昼の顔”となる石井さんは、2月ごろにオファーを受けて「二つ返事でオーケーした」といい、「小さいころから見ていた憧れの関西テレビでレギュラー、めちゃうれしいです。フリーになって丸3年。関西で生放送のレギュラーを持ちたいという夢がありました」と顔をほころばせ、「生にこだわって深く楽しくお届けできたらなと思っております」と語った。

 そのほか、月~金曜午後4時45分からは報道番組「newsランナー」がスタート。吉原功兼アナウンサーがMCを務める。吉本新喜劇の島田珠代さんも出演し、コーナー取材を担当する。

 「スローでイージーなルーティーンで」は、番組タイトルに「1時50分からは」が加わり、4月3日から月~金曜午後1時50分からに放送時間を移動、MCも一部入れ替わる。

 新番組「ひらけ!パンドラの箱 アンタッチャブるTV」を4月11日から火曜午後9時に放送。ゴールデン帯初MCのお笑いコンビ「アンタッチャブル」が出演する。火曜午後10時からの「火曜は全力!華大さんと千鳥くん」と午後11時からの30分の新設ドラマ枠「火ドラ★イレブン」と続き、「火曜の夜にワクワクを」追求するという。

 春の同局のキャッチフレーズは「春メク!春ワク!春カンテレ」。改編率は全日帯は37.6%、ゴールデン帯(午後7~10時)は26.7%、プライム帯(午後7~11時)は30.5%と大幅な改編になった。

写真を見る全 15 枚

テレビ 最新記事