ルパンの娘:劇場版の主題歌初公開 サカナクションの新曲「ショック!」

10月15日公開の映画「劇場版 ルパンの娘」のビジュアル (C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
1 / 2
10月15日公開の映画「劇場版 ルパンの娘」のビジュアル (C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会

 女優の深田恭子さん主演の連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)シリーズの最終章を描く映画「劇場版 ルパンの娘」(武内英樹監督、10月15日公開)の主題歌特別映像が9月27日、公開された。映像では、ドラマシリーズに続き主題歌を担当する5人組バンド「サカナクション」が劇場版のために書き下ろした新曲「ショック!」を初公開。劇場版のダイジェストも収められている。

 サカナクションの山口一郎さんは、新曲「ショック!」について「来年結成15年を迎え、自分たちらしさの枠にとらわれず、新しい音楽にチャレンジしたいと思っていた時期に、『劇場版 ルパンの娘』の世界観に合う楽曲とは何かをバンドでディスカッションしながら制作することでとても満足のいく作品を作ることができました」と語っている。さらに、「スタッフ・キャストの皆さんが苦心して作り上げた『劇場版 ルパンの娘』とサカナクションが作った『ショック!』がいい意味での違和感やゆがみをもって混ざり合ってくれたらと思います」とコメントしている。

 「ルパンの娘」は、横関大さんの同名小説(講談社文庫)シリーズが原作。2019年7月期に第1期、2020年10月期に第2期が放送された。代々泥棒を家業としている「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史さん)の恋愛を描くラブコメディー。

 劇場版は、三雲家、桜庭家、「名探偵一家」の娘・北条美雲(橋本環奈さん)、そして大泥棒の円城寺輝(大貫勇輔さん)とオールスターが集結。シリーズ初の海外を舞台とした物語と、Lの一族の秘密が描かれる。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る