橋本環奈:ホラー好きが「ほん怖」初出演「すごく楽しみだな」 恒松祐里と倉庫で恐怖体験

10月23日放送の「土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』」に出演する橋本環奈さん(C)フジテレビ
1 / 3
10月23日放送の「土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』」に出演する橋本環奈さん(C)フジテレビ

 稲垣吾郎さんがクラブリーダーを務める、フジテレビ系土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 2021特別編」(ほん怖)が、10月23日に放送されることが1日、分かった。併せて、女優の橋本環奈さんがドラマパート「凶音の誘い」に主演することも明らかになった。橋本さんが「ほん怖」シリーズに出演するのは初めて。「並みいる出演者の方々が名前を連ねる歴史ある番組に出演させていただくこととなり、すごく楽しみだなと思いました」と話し、「私は、ホラーが好きなので、すごく面白いなと思いながら台本を読ませていただきました」と明かした。

 橋本さんが演じるのは、声優を目指しながらコールセンターでアルバイトをする峰岸玲奈。玲奈はある日、給湯室で奇妙な物音を耳にし、人影のようなものが通り過ぎたことに気付く。その後、上司から地下の倉庫に商品サンプルを取りに行くよう頼まれ、バイト仲間の伊藤麻美と倉庫へ向かうと、麻美はなぜか緊張した様子に。そして、再び奇妙な音が聞こえ、不審に思った玲奈が麻美に「他の人も来ているのか?」と聞くと、麻美の表情が一変して……と展開する。恒松祐里さんが麻美を演じる。

 橋本さんは「電話口の向こうから叫び声が聞こえたりなど、電話のやり取りでの怖さかなと最初は思っていましたが、実際はそばに何かいて感じる怖さでした。ただ、それがまた演じていてよかったです」と振り返り、「それに加え、実際にお化けメークを見ましたが、本当にリアルで怖かったです」とコメント。

 また「このコールセンターでの出来事が本当にあったら相当怖いなと私自身思いました」といい、「初めて見る方も、『ほん怖』ファンの方も納得のいく作品になったと思います。ぜひ、ハラハラ・ドキドキ、家のカーテンを閉めて、電気を消して見てほしいです!」とアピールしている。

 また、後藤博幸総合プロデューサーは「橋本さんは、コミカルな役からシリアスな役まで際立ったキャラクターを演じられてきた印象が強いと思うのですが、今回はあえて身近に感じられるような“普通の”女性を演じていただきました。今まであまり見たことのない橋本さんの“普通っぷり”に注目していただきたいです」と語っている。

 「ほん怖」は、1999年に放送をスタートしたオムニバス形式の実録心霊ドラマ。2004年1~3月に第1シーズン、2004年10月~2005年3月に第2シーズンがレギュラー放送された。以降は毎年、特番として放送。「2021特別編」は10月23日午後9時~同11時10分に放送される。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る