おかえりモネ:滋郎さん、さっそく“デレ”? 「ありがとな!」に視聴者ほっこり 「めちゃくちゃいい人!」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第100回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第100回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第100回が10月1日に放送された。気仙沼中央漁協の組合長の滋郎(菅原大吉さん)が、百音(清原さん)に感謝を伝える姿が描かれ、多くの視聴者をほっこりとさせた。

 第100回では、滋郎が地元のコミュニティーFMの番組で、アワビの開口を伝える。番組出演後、滋郎は、百音が持ってきた気象予測データを参考にしていたことを明かす。「ありがどな!」と感謝の気持ちを伝え、百音は思わず顔をほころばせる……という展開だった。

 滋郎の優しさについて、SNSでは「めちゃくちゃいい人!」「さっそくデレた」「滋郎さんにちゃんと伝わっていた」「一もんちゃくあっても、お礼を言える人間は素晴らしいと思う」「もう、滋郎さん!!! 可愛いなあ」「『ありがとな!』で涙腺崩壊しました」といった感想が書き込まれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る