注目ドラマ紹介:「言霊荘」 西野七瀬、中村ゆりか、内田理央ら 話題の若手女優が挑むホラードラマ

10月9日スタートの連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 13
10月9日スタートの連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)が10月9日に始まる。テレビ朝日とABEMA共同制作のホラードラマで、女性限定マンション「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく。西野さんほか、レディスコート葉鳥の住人役で、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結する。

 西野さんは、レディスコート葉鳥の7号室に引っ越してくる「底辺ViewTuber」(架空の動画配信サイトプレーヤー)のコトハこと、歌川言葉(ことは)を演じる。言葉の力を信じ、人々の幸せを願う、夢見がちで天真らんまんな女性で、「夢や願いを言葉にし続ければいつか必ずかないます」「ポジティブな言葉で幸運を引き寄せましょう」などと、運営する「歌川コトハの引き寄せチャンネル」で啓蒙(けいもう)活動を続けているが、世間には響いていない。

 1号室に住む作詞家の阿木紗香を三吉さん、2号室の都議会議員秘書の丸山栞を中村さん、3号室のフリーアナウンサーの小宮山綾子を堀田さん、4号室の医師の菊川麻美を森田さん、5号室の小学校教師の林原早紀を石井さん、6号室の雑誌編集者の渡邊瞳を内田さんがそれぞれ演じる。

 俳優の永山絢斗さん、女優の斉藤由貴さん、内藤理沙さんも出演。永山さんは霊感商法でぼろ儲けを目論む自称・霊能者で、レディスコート葉鳥の怪奇現象に巻き込まれていく中目零至(れいし)を、斉藤さんは零至の叔母で除霊師としての一面がある女性宮司・岩戸志麻を、内藤さんは志麻の元で働く巫女(みこ)の蝶野繭をそれぞれ演じる。

 第1話は……レディスコート葉鳥に引っ越してきたコトハが、友人の紗香らに手伝ってもらいながらの引っ越し作業を終えて盛り上がっていると、紗香が作詞を手掛けた男性歌手の曲がヒットチャート入りしたと、配信番組から流れてくる。

 コトハは自分のことのように喜ぶが、当の紗香は複雑な表情。聞くと、その歌手とは男女間の仲たがいがあったようだ。紗香は、自分の詞が世に出ることがうれしい半面、悔しさも漏らす。そして紗香が「知らない世界に消えてほしい」とつぶやくと、直後、歌唱中の歌手は突然苦しみ出し、紗香の言葉通りに謎の死を遂げてしまう。コトハは、この一件をきっかけに、アパート内で発した言葉が次々と現実になるという怪奇現象に巻き込まれていく。

写真を見る全 13 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る