おかえりモネ:第21週視聴率16.0% 亜哉子さん、教え子と6年ぶり再会 涙の告白…

清原果耶さん
1 / 1
清原果耶さん

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第21週「胸に秘めた思い」(10月4~8日)の週間平均視聴率(世帯)が16.0%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが10月11日、分かった。

 第21週では、ある朝、ラジオブースの前を一人の女の子が通りかかる。地元の中学生のあかり(伊東蒼さん)だ。気になった百音(清原さん)は声をかけるが、警戒心が強く、自分のことはなかなか話そうとはしない。実はあかりは、亜哉子(鈴木京香さん)の元生徒で、百音が永浦家に連れて帰ると、亜哉子と6年ぶりに再会を果たす。

 思い出話に花を咲かせる2人。そしてその夜、亜哉子は今まで心に秘めていた「教師を辞めた理由」を涙ながらに告白する。そして、亜哉子の思いをくんでカキ棚を続けていくことを決めた家族に、耕治が突然、ある提案をする……。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る