金曜ロードショー:「みんなが選んだルパン三世」第1弾 「さらば愛しきルパンよ」ヒロイン役は島本須美

第2シリーズの最終話「さらば愛しきルパンよ」の一場面 原作:モンキー・パンチ (C)TMS
1 / 4
第2シリーズの最終話「さらば愛しきルパンよ」の一場面 原作:モンキー・パンチ (C)TMS

 10月15日の「金曜ロードショー」(日本テレビ系、金曜午後9時)は、10月で「ルパン三世」アニメ化50周年となるのを記念した特別企画「みんなが選んだルパン三世」第1弾として、アニメ「ルパン三世」テレビシリーズから視聴者投票上位4作を一挙放送する。

 第1位は第2シリーズ最終話「さらば愛しきルパンよ」(1980年)。宮崎駿監督(照樹務名義)が演出を手掛けた。後の作品「天空の城ラピュタ」のロボット兵をほうふつさせるロボット兵器・ラムダを巡る事件が描かれる。ヒロイン・小山田マキの声は「カリオストロの城」のクラリス役や「風の谷のナウシカ」のナウシカ役の島本須美さんが担当した。

 2位は第1シリーズ第1話「ルパンは燃えているか・・・・?!」(1971年)、3位は第5シリーズ最終話「ルパン三世は永遠に」(2018年)、4位は第2シリーズ第145話「死の翼アルバトロス」(1980年)で、同話も宮崎監督の演出。

 22日の「金曜ロードショー」は、「みんなが選んだルパン三世」第2弾として、テレビスペシャル全27作から第1位に選ばれた「ルパン三世 ワルサーP38」(1997年)を放送する。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る