おかえりモネ:永瀬廉、“繊細で情感こもった”演技で魅了!「リピ止まらない」 陽光差し込むラスト「美しかった」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第110回の一場面 (C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第110回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第110回が10月15日に放送され、亮役の永瀬廉さんの芝居に多くの視聴者がクギ付けになった。亮が閉ざしてきた心を開こうとするシーンでは、「何回もリピ止まらない」「廉くんの演技がグサグサ刺さって抜けない」「圧巻の演技だった!」「迫真の演技にクギ付け」「すごいよ役者永瀬廉」「繊細で情感がこもった『美しい』演技を堪能できた」と多くの視聴者が胸を打たれた。

 第110回では、無事に港に戻ってきた亮が、百音(清原さん)、未知(蒔田彩珠さん)と会話をするシーンが登場。自分は「親父と同じ」だという亮は、「大事な人に、つらい顔させるのは嫌だよ」と本音をこぼす。

 未知は、亮の手を取って、「一緒にいたいってだけじゃダメなの?」と問いかける。温かな陽光が差し込む中、亮は「幸せになってもいいのかな?」と尋ねる。未知はゆっくり「うん」とうなずく……という展開だった。

 SNSでは「幸せになってもいいのかな?」と尋ねる姿について、SNSでは「なっていいに決まってるよ」「思いっきり幸せになってください」「もう無理して『大丈夫』なんて笑わなくていいよ」「幸せになって100%いいんだよ!」「幸せになってって叫びました(泣き)」と亮に寄り添うコメントが続々。

 ラストの亮と未知が光に包まれるシーンに対しては、「みーちゃん、りょーちん2人に光が差したシーン、美しかったな」「朝の光を浴びたりょーちん美しかった」「光が当たっていく演出良かった!」「最後の光の演出はとてもすてきだったな。りょーちんが暗闇から抜け出したんだってハッキリと分かったもんな!!」といった感想が書き込まれた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る