「日本沈没-希望のひと-」:第2話 “天海”小栗旬、絶体絶命のピンチに

俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 6
俳優の小栗旬さんが主演を務める連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」の第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の小栗旬さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第2話が、10月17日に放送される。15分拡大で放送。

 田所博士(香川照之さん)の予測通り、日之島が沈んだ。関東沈没の前兆ということで、環境省の天海啓示(小栗さん)は早急に対策を立てるように、と日本未来推進会議で訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼さん)は「ただの地滑りだ」と否定する。

 そんな中、天海が企業から不正に金をもらっていたという記事が週刊誌に掲載される。天海は否定するが、環境省では謹慎処分、未来推進会議からも外されそうになる。絶体絶命のピンチに、田所から「解決の糸口になるかも」と、海上保安庁の海底調査データを入手するように頼まれた天海。経産省の常盤紘一(松山ケンイチさん)にデータ入手を依頼するが……。

 ドラマは、1973年に刊行された小松左京さんのSF小説「日本沈没」をアレンジし、主人公・天海啓示(小栗さん)らが2023年、一国の海中沈没という未曾有の危機に立ち向かう姿を描く。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る