真犯人フラグ:“謎の女”生駒里奈の正体は葬儀社社員だった! りんごを執拗に磨く異様な姿も

連続ドラマ「真犯人フラグ」で本木陽香を演じる生駒里奈さん=日本テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「真犯人フラグ」で本木陽香を演じる生駒里奈さん=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第2話が10月17日に放送され、女優の生駒里奈さん演じる謎の女性・本木陽香の正体が、葬儀社に勤める会社員であることが明らかになった。

 本作は、2019年放送のドラマ「あなたの番です(あな番)」の原案を手掛けた秋元康さんら同作スタッフが制作するオリジナルミステリー。妻子失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも、真実を暴いていく主人公・相良凌介(西島さん)の闘いを描く。劇中では、妻の真帆(宮沢りえさん)が炊飯器のタイマーをセットして出かけ、行方不明になったことから、炊飯器失踪事件として取り上げられている。

 陽香は事件の当日に凌介に接触した人物で、第2話では葬儀場で事件のうわさ話をする同僚を、意味ありげにじっと見つめる様子も描かれた。また、まばたきせずに供え物のりんごを執拗(しつよう)に磨く、異様な姿も披露した。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る