恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~:第3話視聴率9.2% ユキコ、お姉ちゃんと森生を巡って衝突

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第3話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第3話の一場面=日本テレビ提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖(はくじょう)ガール~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第3話が10月20日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 本作は、うおやまさんのマンガ「ヤンキー君と白杖ガール」(KADOKAWA)が原作。勝ち気だが恋に臆病な盲学校生・赤座ユキコ(杉咲さん)と、ケンカっ早いが根は純粋なヤンキー・黒川森生(もりお、杉野遥亮さん)が繰り広げるラブコメディーだ。

 第3話では、喫茶店に溜まっていた森生のもとに、ヤンキーのライバル・獅子王(鈴木伸之さん)が現れる。店内に緊張が走る中、獅子王は「就職する」という報告をする。一同がどよめく中、獅子王の姿に刺激を受けた森生は、自分も働くことを決意。一方、赤座家では、ユキコに危険な思いをさせる森生が許せない姉・イズミ(奈緒さん)と、森生との出会いで新しい世界を知り始めたユキコが激しく衝突してしまう……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る